スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

debian に freeradius2 をインストールしてみた

ver.1系 と ver.2系 で設定ファイルの書式がかなり違うらしい。

デフォルトではシステムのユーザーを認証するようになってたが、
テキストファイルのユーザー情報を認証するように設定してみた。

1. インストール
sudo aptitude install freeradius

今回は、
2.0.4+dfsg-6
がインストールされた。

2. clients.conf を編集
sudo vi /etc/freeradius/clients.conf

client localhost {
の中の secret のとこを編集。

secret = ossan78Secret
とか。

3. ユーザー情報を登録
sudo vi /etc/freeradius/users

適当な位置に

DEFAULT Auth-Type := Local
Fall-Through = Yes
# ここにユーザーの情報を書く
"ossanid" Cleartext-Password := "ossanpwd"

とか記述。

4. freeradius を再起動
sudo /etc/init.d/freeradius restart

5. 動作確認
sudo radtest ossanid ossanpwd localhost 0 ossan78Secret
で、Access-Accept と出れば認証成功。
Access-Reject が出れば認証失敗。
スポンサーサイト
プロフィール

ossan78

Author:ossan78

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。